CRYPTO

仮想通貨の次のバブルはいつ?過去のビットコイン半減期一覧を分析して徹底解説

2023年11月29日

本サイトにはプロモーションが含まれます

以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。

過去の傾向を分析すると、ビットコインの半減期後、1年以内に仮想通貨バブルが到来しています。

次回の半減期は2024年4月下旬の予定のため、仮想通貨の次のバブルは2024年後半〜2025年にかけて訪れる可能性が高いです。

本記事では、仮想通貨バブルとビットコイン半減期の関係やおすすめの銘柄、口座開設で特典がもらえる取引所の情報などをまとめています。

絶好の買い場を逃す前に、今のうちに仮想通貨を購入しておきましょう。

はじめて仮想通貨を購入するならスマホアプリDL数No.1の仮想通貨取引所コインチェックがおすすめです。

コインチェック紹介キャンペーン

コインチェック 紹介コード1500円分

\1500円もらえる紹介リンク/

コインチェックで1500円もらう

>>ビットコインをもらえる他のキャンペーンをチェックする

本記事の内容

もにゅら

気になる項目をクリック(タップ)すると一瞬で移動しますよ!

本記事の信頼性

筆者は2018年より暗号資産投資を始め7桁運用bitFlyerビットポイントBybitなど複数の取引所で投資をしてきた経験をもとに執筆しています。

仮想通貨の次のバブルはいつ?

仮想通貨の次のバブルは、2024年後半〜2025年の間に訪れると予測されます。

最大の理由は2024年4月下旬にビットコインの半減期が訪れるためです。

ビットコインの半減期とは?

半減期とは、簡単にいうと「ビットコインの希少価値が高くなるイベント」のことです。

過去の傾向を分析すると、いずれもビットコインの半減期後1年以内に仮想通貨バブルが訪れています。

以下の章で、くわしい理由を解説します。

過去のビットコイン半減期と仮想通貨バブルの関係

仮想通貨バブルは過去に3回ありました。

過去のビットコイン半減期と仮想通貨バブルのタイミングは以下の通りです。

ビットコイン半減期半減期 発生日仮想通貨バブル
1回目2012年11月28日2013年3月頃
2回目2016年7月9日2017年4月頃
3回目2020年5月11日2020年10月頃
4回目2024年4月〜5月(予想)2024年後半〜2025年(予想)

今までの傾向を見るとビットコインの半減期から1年以内に仮想通貨バブルが訪れています。

4回目のビットコイン半減期が訪れるのは2024年4月下旬と予想されていることから、次のビットコインバブルは2024年後半から2025年にかけて訪れるでしょう。

【2012年】ビットコイン半減期と仮想通貨バブル

bitcoin 半減期1回目
出典:CoinMarketCap

ビットコイン初の半減期は2012年11月28日に訪れました。

その後、2013年3月頃より価格が高騰し始め、ビットコイン価格が大幅に上昇しました。

しかし、この時はビットコインは無名の存在で、このタイミングで投資できた日本人はほとんどいません。

もにゅら

この時期から少額でもビットコインに投資できていたら、今ごろ億万長者ですね!

【2016年】ビットコイン半減期と仮想通貨バブル

bitcoin 半減期2回目
出典:CoinMarketCap

2回目の半減期は2016年7月9日に訪れました。

その後、2017年4月頃より価格が上昇し始め、12月にはビットコイン価格が200万円を突破しました。

これが、実質最初のビットコインバブルです。

2017年前半からビットコインに投資した人は、資産1億円以上の「億り人」となり話題を呼びました。

もにゅら

私がビットコイン投資に参入したのは、ビットコインバブル崩壊後の2018年です。

【2020年】ビットコイン半減期と仮想通貨バブル

bitcoin 半減期3回目
出典:CoinMarketCap

3回目の半減期は2020年5月11日に訪れました。

その後、2020年10月頃より価格が上昇し始め、1年後の2021年10月にはビットコイン価格が700万円を突破しました。

もにゅら

2018年に投資を始めて以来、含み損が続いていましたが、このタイミングで最高400万円の含み益になりました。

【2024年】ビットコイン半減期と次の仮想通貨バブルの予想

次回の半減期は2024年4月下旬に訪れると言われています。

過去のチャートを振り返ると、半減期から半年前後で価格が高騰し始めていました。

分析結果より、2024年後半〜2025年にかけてビットコインの価格が高騰すると予測できます。

もにゅら

2023年〜2024年前半に投資するのがベストなタイミングと言えるでしょう。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

仮想通貨バブルの再来になりうる要素5つ

仮想通貨バブルの最大の要因はビットコインの半減期です。

半減期以外にも、以下のようなイベントが仮想通貨全体の価格上昇を後押しする可能性があります。

それぞれの項目について解説します。

現物ビットコインETFの承認

2024年1月にビットコインETFがアメリカ証券取引委員会(SEC)に承認されました。

2024年2月には円建てでビットコイン価格が過去最高の780万円を突破するなど盛り上がりを見せています。

日本ではビットコインETFを購入できませんが、将来的には日本でも買えるようになり、ビットコインがより身近な存在になるでしょう。

もにゅら

2024年4月には半減期を迎える予定なので、さらに価格が高騰しそうですね!

NFT市場の拡大

NFT市場シェアの推移
出典:MarketsandMarkets Analysis

世界的な市場調査会社MarketsandMarkets(マーケッツアンドマーケッツ)社の市場調査レポートによると、NFTの市場規模は2022年から5年後の2027年までに4倍に成長すると予測しています。

NFTといえば、2021年に流行語大賞にノミネートされたことで大きな話題となりました。

当時はCryptoPunksBAYC(Bored Ape Yacht Club)のような高額NFTが海外セレブの間で流行しました。

2022年になると日本国内のNFT市場が活発になりましたが、2023年に入るとNFTブームが終焉します。

一時的なブームは去ったとはいえ、NFT市場が本格的に盛り上がるにはこれからの話です。

NFT市場が活性化しだすとイーサリアムやポリゴンなどの関連銘柄を中心に需要が高まり、仮想通貨市場も盛り上がるでしょう。

メタバース市場の拡大

出典:MarketsandMarkets Analysis

2023年時点で日常的にメタバースを体感している人は、ほとんどいないでしょう。

まだ実感が湧かないかもしれませんが、MarketsandMarkets社のレポートによると、メタバースの市場規模は2030年までに25倍以上拡大すると予測されています。

仮想通貨はThe Sandboxのようにメタバース関連銘柄も多数あるので、将来性があります。

金融引き締めの終焉

2022年2月に勃発したロシア・ウクライナ戦争をきっかけに2023年現在に至るまで急激なインフレが発生しています。

世界各国ではインフレを抑制するために、利上げなどによる金融引き締め政策を継続中です。

利上げはインフレの抑制につながる一方で、株式や仮想通貨市場が下落トレンドに陥りやすい特徴があります。

金融引き締めは永遠に続くわけではないので、トレンドが変わり金融緩和されれば仮想通貨バブルを後押しするでしょう。

仮想通貨関連の新トレンド

仮想通貨やブロックチェーン界隈では、新しい技術が次々に誕生し続けています。

過去には以下のようなサービスが誕生しました。

  • ICO
  • DeFi(分散型金融)
  • DApps(分散型アプリ)
  • DAO
  • NFT
  • ブロックチェーンゲーム
  • メタバース

今後、上記とはまったく異なる新しいサービスが誕生すれば、新たなトレンドとなり仮想通貨バブルに発展する可能性があります。

仮想通貨の次のバブルに向けて仕込むべき銘柄4選

仮想通貨バブルになると仮想通貨市場全体が盛り上がります。

仮想通貨市場を支えているのはビットコインですが、すでに成熟しつつあるビットコインが数年で10倍、100倍になる可能性は低いです。

ビットコインだけでなく、複数の仮想通貨に分散投資することで利益を拡大させましょう。

初心者におすすめの仮想通貨は以下の4銘柄です。

上記、4つの銘柄について解説します。

【仮想通貨の王様】ビットコイン(BTC)

bitcoin image

ビットコイン(BTC)は時価総額ランキング1位の仮想通貨です。

エルサルバドルや中央アフリカでは法定通貨に採用されるなど、抜群の信用性があります。

ビットコインには半減期がある点も、おすすめポイントです。

4年に1度のペースで半減期が訪れていますが、半減期後はビットコイン価格が高騰する傾向にあります。

価格が上がるタイミングが予測しやすいことから、ビットコインの購入をおすすめします。

次回の半減期は2024年4月の予定なので、それまでに事前に購入しておきましょう。

【アルトコインのトップ】イーサリアム(ETH)

eth image

イーサリアム(ETH)は時価総額ランキング2位の仮想通貨です。

ビットコインの次に有名なコインで、長期的には右肩上がりで価格が上昇し続けています。

イーサリアムブロックチェーンはNFTやNFTゲームのプラットフォームとして利用されているので、実用性も抜群です。

今後はNFT市場の急速な拡大が予想されるので、イーサリアムも購入しておきたい銘柄です。

【大化けの可能性あり】リップル(XRP)

XRP coin image

リップル(XRP)は、国際送金を目的とした仮想通貨です。

XRPを運営しているリップル社は現在、米国証券取引委員会(SEC)と裁判中のため価格がやや停滞しています。

リップル社が「通貨」として販売した仮想通貨XRPに対して、SECが「有価証券」であるXRPを未登録のまま販売したという認識の違いから裁判が始まりました。

裁判はリップル社が優勢といわれています。

リップル社が裁判でSECに勝訴した場合、XRPの価格が高騰するでしょう。

【一攫千金狙い】柴犬コイン(SHIB)

SHIBA INUアイキャッチ画像

柴犬コインはミームコイン(ネタコイン)の一種で、ドージコインや山犬コインなどとともに犬系コインとして人気の仮想通貨です。

テスラのCEOとして有名なイーロン・マスク氏はドージコインを気に入っており、X(旧Twitter)でたびたび言及しています。

イーロン・マスク氏がドージコインなどについて発言するたびに犬系コイン全体の価格が高騰する傾向があるため、犬系コインは別名「イーロン銘柄」とも呼ばれています。

犬系コインの中ではドージコインがもっとも有名ですが、伸び代を考えると柴犬コインがおすすめです。

【紹介コード付】おすすめの仮想通貨取引所6選

仮想通貨の次のバブルに備えて、複数の仮想通貨取引所で口座開設をしておきましょう。

事前に口座開設しておかないといざという時に、仮想通貨が買えなくて困ります。

取引所によっては紹介コードを使って口座開設をするとビットコインや手数料割引などの特典がもらえるのでお得です。

おすすめの仮想通貨取引所は以下の通りです。

もにゅら

使い勝手の良いコインチェックをメイン口座として利用し、特典の受け取り用にBitTradeBITPOINTなどで無料の口座開設をしておきましょう。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック 紹介コード1500円分

おすすめポイント

  • 国内の暗号資産取引アプリ、ダウンロード数No.1
  • 月1万円から積立投資ができる
  • 500円から仮想通貨が買えるので初心者におすすめ
  • 最短10秒!スマホから簡単に仮想通貨が買える
  • 最短5分!無料ですぐに口座開設できる

コインチェックはテレビCMを積極的に放映するなど、国内では知名度抜群の仮想通貨取引所です。

スマホアプリから簡単に取引ができることから、アプリダウンロード数が国内No.1の実績を誇ります。

スマホで簡単に取引したい投資初心者におすすめです。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

【1,500円分のビットコイン】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー 招待コード 3ステップ

おすすめポイント

  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • セキュリティが安全。業界最長7年以上ハッキング0
  • 1円から仮想通貨が買えるので初心者におすすめ
  • 招待リンクから口座開設で1,500円分のビットコインがもらえる
  • 最短10分!無料ですぐに口座開設できる

bitFlyer(ビットフライヤー)は20銘柄以上を取り扱う国内最大級の仮想通貨取引所です。

セキュリティが強固で、スマホアプリから簡単に取引できることから、初心者にもおすすめします。

当ブログの招待リンクから口座開設し、本人確認まで済ませるとbitFlyerから1,500円分のビットコインがプレゼントされます。

\最短10分!無料で口座開設/

bitFlyerで口座開設する

【1,500円分の仮想通貨】BITPOINT(ビットポイント)

ビットポイント紹介キャンペーン
出典:BITPOINT

ビットポイントの紹介コード

MHEWFPNLYO

BITPOINTでは口座開設キャンペーンを開催しています。

口座開設時に招待コード「MHEWFPNLYO」を入力すると最大1,500円分の日本円または好きな仮想通貨のプレゼントがあります。

ビットポイントで1,500円受け取る条件

条件プレゼント
BITPOINTで口座開設完了500円分の日本円または取扱銘柄
BITPOINTアプリで1回以上売買1,000円分の日本円または取扱銘柄
もにゅら

条件を満たせば全員プレゼントなので、お得ですね!

プレゼントの受け取り期限

紹介された人が口座開設完了になった月の翌々月の月末15:59まで

口座開設後、BITPOINTにログインして、ご紹介プログラムページより受け取り可能です。

\紹介コード「MHEWFPNLYO」/

BITPOINTで口座開設する

【2,000円分のビットコイン】BitTrade

bittrade invitation page

ビットトレードの紹介コード

kN72w

紹介コード「kN72w」を使ってBitTradeで口座開設すると最大2,000円相当のビットコイン(BTC)がプレゼントされます。

ビットトレードの紹介コード
BitTradeの口座開設画面

ビットコインバブルが再来する前に受け取っておくと価値が上がるのでお得です。

価格が安い今のうちに口座開設を済ませておきましょう。

ビットトレードで2,000円受け取る条件

条件プレゼント
BitTradeで口座開設完了1,000円相当のビットコイン
50,000円以上の販売所取引1,000円相当のビットコイン

\紹介コード「kN72w」/

BitTradeで口座開設する

【手数料永久10%OFF】MEXC

MEXC Top page
出典:MEXC

おすすめポイント

  • 招待コード「mexc-1ePMZ」を入力して口座開設で手数料がずっと10%OFF
  • 取り扱い銘柄数が1,600種類以上
  • 手数料が業界最安値
  • 日本語に対応している
  • 新規口座開設キャンペーンが豊富

MEXCの招待コード

mexc-1ePMZ

MEXCはシンガポールを拠点とする海外の仮想通貨取引所です。

取り扱い銘柄数が1600種類以上あるので、国内取引所で取り扱っていない銘柄が手に入ります。

今後、ビットコインやイーサリアムだけでなく本格的に仮想通貨投資に取り組みたい人は口座開設しておきましょう。

日本語に対応しているので抵抗なく始められます。

\招待コード「mexc-1ePMZ」/

MEXCで口座開設する

【先物手数料永久30%OFF】Bitget(ビットゲット)

Bitget top page

おすすめポイント

  • 招待リンクから口座開設で手数料がずっと30%OFF
  • コピートレード(プロトレーダーの取引を自動コピー)ができる
  • プロサッカー選手「リオネル・メッシ」がブランドアンバサダー
  • 日本語に対応している
  • 新規口座開設キャンペーンが豊富

Bitgetの招待コード

sk4y

Bitgetはシンガポールを拠点とする海外の仮想通貨取引所です。

招待リンクから口座開設すると招待コード「sk4y」が自動入力され、先物取引手数料が永久に30%OFFになります。

その他、1000USDT相当の手数料クーポンが配布されたり、他にも定期的に新規ユーザー向けのキャンペーンが開催されたりしています。

Bitgetの最大の特徴はコピートレードの評判が良い点です。

コピートレードとは、プロトレーダーの取引をコピーして取引するサービスのことです。

自分でトレードしなくてもプロと同等の取引ができるので人気を集めています。

\招待コード「sk4y」/

Bitgetで口座開設する

仮想通貨の買い方3ステップ

仮想通貨は以下の3ステップで購入が可能です。

今回は仮想通貨取引所コインチェックから購入する方法を例に解説します。

上記3ステップについて順番に解説します。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

コインチェックで口座開設する

まずは、コインチェックで無料の口座開設を行います。

Coincheck 口座開設

トップページが表示されたら、少し下にスクロールして、新規口座開設(無料)はこちらをクリックします。

その後の流れについては、以下の関連記事で詳しく解説しています。

コインチェックに日本円を入金する

口座開設が完了したら、取引を開始するために日本円を入金する必要があります。

以下の関連記事を参考に入金を完了させましょう。

仮想通貨を購入する

日本円の入金まで完了したら、実際に仮想通貨を購入しましょう。

仮想通貨には「取引所」と「販売所」があります。

取引所と販売所の違いやメリット・デメリットは以下の通りです。

購入先メリットデメリット
取引所手数料が安い取扱銘柄が少ない
買い方が少し複雑
販売所取扱銘柄が多い
初心者でも操作が簡単
手数料が高い

初心者は慣れるまで販売所から購入することをおすすめします。

コインチェックの取引所、販売所での購入方法については以下の記事を参考にしてください。

仮想通貨バブルに関するよくある質問

FAQ man

最後に、仮想通貨の次のバブルに関するよくある質問をまとめました。

それぞれの質問に回答します。

仮想通貨バブルの周期は何年ですか?

仮想通貨バブルは3〜5年に1度の周期で訪れています。

もっとも有名な仮想通貨バブルは2017年で年末にはビットコイン価格が初めて200万円を突破しました。

次のバブルは2020年に訪れました。

仮想通貨バブルは以下の表の通り、ビットコインの半減期に大きな影響を受けています。

ビットコイン半減期半減期 発生日仮想通貨バブル
1回目2012年11月28日2013年3月頃
2回目2016年7月9日2017年4月頃
3回目2020年5月11日2020年10月頃
4回目2024年4月〜5月(予想)2024年後半〜2025年(予想)

上記の傾向から判断すると、次回の仮想通貨バブルは2024年後半〜2025年にかけて訪れると推測できます。

仮想通貨バブルで儲けたら税金はどうすればいいですか?

仮想通貨バブルで利益を出した(利益確定した)場合は確定申告を行い、納税しなければいけません。

会社員など通常、確定申告を行わない職種の人であっても20万円以上の利益が出た場合は確定申告が必要です。

仮想通貨バブルに向けてビットコインはいつ買えばいいですか?

仮想通貨バブルで儲けたければ、バブルが始まる前に購入しておきましょう。

2023年〜2024年前半にかけては特に買いの相場です。

2024年4月にビットコインが半減期を迎える予定なので、それまでにビットコインやイーサリアムなど将来性のある銘柄を購入しておきましょう。

仮想通貨投資に必勝法はありますか?

仮想通貨投資に必勝法はありません。

ただし、将来性のある銘柄に5年以上の長期投資を行えば高確率で儲かります。

もにゅら

私自身、2018年から仮想通貨投資をはじめ、ほったらかしにした結果、資産が数倍に膨れ上がりました。

ビットコインとイーサリアムを買うならどっちがいいですか?

ビットコインとイーサリアムを買うなら両方買いましょう。

あえて集中投資する必要はありません。

投資は分散投資が基本です。

まとめ:仮想通貨の次のバブルは2024年後半〜2025年の見込み

仮想通貨の次のバブルは2024年後半から2025年にかけて訪れる可能性が高いです。

過去の傾向を分析すると、仮想通貨バブルはビットコイン半減期の後、1年以内に到来する傾向があります。

次回の半減期は2024年4月下旬の予定なので、それまでにビットコインやイーサリアムなどを購入しておくことで仮想通貨バブルの波に乗れます。

はじめて仮想通貨を購入するならスマホアプリDL数No.1の仮想通貨取引所コインチェックがおすすめです。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

よく読まれている記事

bitcoin-chart-image 1

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 過去の傾向を分析すると、ビットコインの半減期後、1年以内に仮想通貨バブルが到来しています。 次回の半減期は20 ...

BTC CHART image 2

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 ビットコインは発行上限が2,100万枚であるため希少性が高く、金と似た性質を持つことからデジタルゴールドと呼ば ...

bitcoin and ethereum 3

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 本記事では、ビットコインとイーサリアムの違いや将来性、買い方について解説しています。 仮想通貨に限らず、投資は ...

XRP coin image 4

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 リップル社は現在、米国証券取引委員会(SEC)と裁判中です。 裁判に勝訴すれば、XRPの価格が100万円になる ...

コインチェック 口座開設 5

記事内にプロモーションが含まれています 以上のような悩みを持つ人のために記事をご用意しました。 コインチェックはスマホアプリDL数が※国内No.1の人気仮想通貨取引所です。(※対象:国内の暗号資産アプ ...

-CRYPTO
-