CRYPTO

リップルのガチホはいつまで?AIによる今後の予想とチャート分析に基づいて解説

2023年12月11日

本サイトにはプロモーションが含まれます

以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。

結論、仮想通貨リップル(XRP)は2030年までガチホすることをおすすめします。

この記事では、リップルを2030年までガチホすべき理由やチャート分析、AIの価格予想について解説しています。

リップル(XRP)を購入するには仮想通貨取引所の口座開設が必須です。

初心者はスマホアプリDL数No.1の仮想通貨取引所コインチェック無料の口座開設を済ませ、価格が高騰する前にリップル(XRP)を購入しておきましょう。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

本記事の内容

もにゅら

気になる項目をクリック(タップ)すると一瞬で移動しますよ!

本記事の信頼性

筆者は2018年より仮想通貨投資を始め7桁運用。6年間仮想通貨をガチホし続けた結果、500万円以上の含み益を出した経験をもとに執筆しています。

リップル(XRP)はいつまでガチホすればいい?

XRP リップル イメージ
悩んでいる人

リップルはいつまでガチホすれば儲かりそう?

結論からいうと、リップル(XRP)は2030年までガチホすることをおすすめします。

2030年までガチホすれば、ビットコイン半減期を2回迎え、過去最高値を更新している可能性が高いからです。

詳細は「リップル(XRP)を2030年までガチホすべき5つの理由」で深掘りします。

悩んでいる人

2024年にビットコインが半減期を迎えるから、ガチホは2025年までよくない?

確かに、2025年も大きな値上がりが期待できます。

しかし、SEC(アメリカ証券取引委員会)との裁判が残っているため、2018年に記録した約370円を更新できるかというと微妙です。

AIの予想でも2025年よりも2030年の方がリップルの価格が高くなるため、リップルは2030年まで長期保有することをおすすめします。

リップルは今から買っても遅くない?

悩んでいる人

リップルは今から買っても遅くありません。

仮想通貨市場はこれからも伸び続けることが予想されており、リップルの価格も長期的に上昇し続けることが予想されます。

まだ、リップル(XRP)を持っていない人はコインチェックで口座開設し、購入しておきましょう。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

リップル(XRP)を2030年までガチホすべき5つの理由

リップル(XRP)は以下の5つの理由から2030年までガチホすることをおすすめします。

上記5つの理由について順番に解説します。

ビットコイン半減期の影響で高騰する可能性が高いため

bitcoin-chart-image

リップルに限らず、多くの仮想通貨はビットコインの価格変動に連動する傾向があります。

ビットコインの価格を大きく左右するイベントが半減期です。

ビットコインの半減期とは?

ビットコインのマイニング報酬が半減するイベントのこと。

わかりやすくいうと、ビットコインの希少価値が上がるイベントのこと。

約4年に1度の周期で訪れ、半減期後はいずれもビットコイン価格が高騰している。

過去のビットコイン半減期と仮想通貨バブルのタイミングは以下の通りです。

ビットコイン半減期半減期 発生日仮想通貨バブル
1回目2012年11月28日2013年3月頃
2回目2016年7月9日2017年4月頃
3回目2020年5月11日2020年10月頃
4回目2024年4月〜5月(予想)2024年後半〜2025年(予想)

リップルの過去最高値は約370円で2018年1月に記録しました。

これは2017年後半から2018年1月にかけて訪れたビットコインバブルの影響です。

2024年後半〜2025年にも仮想通貨バブルがくるの?

悩んでいる人
悩んでいる人

2025年にリップルを利確した方がよくない?

確かに、2024年後半から2025年にかけて仮想通貨バブルが再来する可能性があります。

リップル(XRP)の価格も高騰するでしょう。

しかし、リップルが2025年に過去最高値を更新するかというと微妙です。

理由はアメリカ証券取引委員会(SEC)との裁判が終わっていない可能性があるためです。

出典:CoinMarketCap

2020年から2021年にかけての仮想通貨バブルではビットコインは過去最高値を更新しましたが、リップルは更新できませんでした。

これは、SECとの裁判が影響していると考えられます。

裁判の判決が下されているであろう2030年までガチホすれば、過去最高値の更新が期待できます。

2024年の半減期ではなく、2028年の半減期後のバブルまでガチホするのが最適解といえるでしょう。

SECとの裁判が終わっている可能性が高いため

仮想通貨XRPを運用するリップル社は、アメリカ証券取引委員会(SEC)と裁判を続けています。

裁判の経緯

リップル社が「通貨」として販売した仮想通貨XRPに対して、SEC側がXRPを「有価証券」と判断したことがきっかけです。

SECが「リップル社が未登録の有価証券を販売し、不当に利益を得ている」と訴訟を起こしたため、裁判が始まりました。

2023年12月時点で、判決は下されていませんがリップル社が優勢といわれています。

先行きが不透明なこともありXRPの価格は停滞気味ですが、リップル社がSECに勝訴すれば一気に価格が上昇するでしょう。

2030年までには判決が出て、リップル(XRP)が正当な評価を受けている可能性が高いです。

国際送金の手段として普及する可能性が高いため

リップル(XRP)の最大の特徴は国際送金を目的として開発された点です。

リップル(XRP)は国際送金の橋渡しとなるブリッジ通貨としての役割があります。

従来は国際送金をする際、複数のコルレス銀行(中継銀行)を通すのが常識でした。

リップル SWIFT国際送金の流れ
SWIFTによる従来の国際送金の流れ

上記図解のように従来の国際送金システム「SWIFT」では、複数の銀行を仲介するため手数料が割高となり、送金が完了するまで2〜5日程度かかる点が課題でした。

リップル(XRP)による国際送金の図解
リップル(XRP)を使った国際送金の流れ

上記図解のように、リップルの登場により仲介銀行を通すことなく国際送金することが可能になったのです。

2030年までに、リップルが国際送金の手段として普及していれば仮想通貨XRPの価格も上昇しているでしょう。

金融機関との提携を拡大中のため

リップルは銀行間の国際送金に役立つサービスのため、金融機関に対し国際送金プラットフォームRipple Net(リップルネット)を提供しています。

リップルネットとは?

リップル社が主体となった法人向け国際送金ネットワークのこと。

スムーズな国際送金の実現に向けて、国内外の大手金融機関が加盟している。

リップルネットに参加している主な金融機関は以下の通りです。

国内企業の例

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • みずほフィナンシャル・グループ
  • 三井住友信託銀行
  • りそな銀行
  • SBIホールディングス

海外企業の例

  • イングランド銀行
  • バンク・オブア・メリカ
  • コロンビア中央銀行
  • AirWallex
  • アメリカン・エキスプレス(アメックス)

すでに多くの金融機関が参加していますが、SECとの裁判に勝訴すれば、さらに普及が拡大すると思われます。

金融機関にとってリップルネットに参加しているのが当たり前の状態になれば、ますますリップルの価値が高まるでしょう。

仮想通貨の税率が下がる可能性があるため

日本の場合、仮想通貨は「雑所得」として扱われています。

雑所得の場合、利益が増えるほど税率が上がる累進課税が採用されており、最大税率は約55%です。

仮想通貨投資で儲かっても、金額によっては利益の半分以上を税金で取られることが日本の投資家にとってマイナス材料になっています。

一方で、株やFXによる利益は申告分離課税が採用されており、一律約20%です。

財務省の資料によると暗号資産(仮想通貨)の税制改正の要望が提出されていることから、今後は仮想通貨の税率が改善される可能性があります。

仮想通貨の税制が改正されるまでは、含み益があってもガチホしておくと良いでしょう。

2025年までだと税制改正がなされていない可能性があるので、2030年を目安にガチホするのがおすすめです。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

リップル(XRP)の価格推移・チャート分析

リップル(XRP)の価格推移はどのように変化しているのでしょうか?

過去のチャートを分析することで、リップルをいつまでガチホすればいいのか予測が立てやすくなります。

リップルの全期間チャートおよび直近のチャートについて解説します。

リップル(XRP)の全期間チャート・価格推移

リップル(XRP)全期間チャート
出典:CoinMarketCap

リップル(XRP)のチャートを見てみると2023年12月8日現在、93.42円で推移中です。

長期チャートを見てみると2017年末〜2018年初頭にかけて大きな値上がりをしました。

ビットコイン価格が初めて200万円を突破した「ビットコインバブル」の影響でXRPの価格も釣られて高騰したためです。

XRP価格は2018年1月7日に最高値の約372円を記録しています。

その後はビットコインバブルの崩壊と共にXRPの価格も暴落。

以後は、ビットコインやリップルの裁判の影響を受けながら価格の上下動を繰り返しています。

ビットコインバブル崩壊後は10円台まで低迷していましたが、2023年12月時点では93円まで回復中です。

長期的にはゆるやかに価格が上昇し続けています。

リップル(XRP)の2023年チャート・価格推移

XRP(リップル)2023年チャート
出典:CoinMarketCap

2023年1月1日時点のXRP価格は約45円でした。

7月中旬に価格が高騰し、7月20日には年初来の最高値の約115円を記録。

これは7月13日に、リップルがSEC訴訟で一部勝訴したためです。

裁判によりXRPトークンが証券ではないことが認められ、価格が高騰しました。

その後、調整が入り2023年12月時点では90円付近で価格が安定しています。

リップルのガチホはいつまで?AIの予想価格を分析

リップル(XRP)の価格は将来いくらになるのか気になっている人が多いと思います。

リップルをいつまでガチホすればいいのか、参考材料としてAIによる価格予想をまとめました。

2025年、2030年のリップル(XRP)価格の予測について解説します。

なお、2023年12月現在のXRP価格は0.65ドル(約93円)です。

PrimeXBT

海外の仮想通貨取引所PrimeXBTによるとリップル(XRP)の将来価格は以下のように予測しています。

最低価格最高価格
2025年1.07USドル4.06USドル
2030年3.54USドル9.81USドル

PrimeXBTでは2030年にXRP価格が最高9.81USドル(約1,470円)になると予想しています。(※1ドル=150円換算)

約7年後には最高で現在の20倍になることを意味しています。

長期的な動きを予測するのは難しいとの見解で、予想値に幅があるのも特徴です。

SECとの裁判の結果次第で、価格が大きく変動することを示唆しています。

CryptoNewsZ

AIにより仮想通貨の価格予想を行うサイトCryptoNewsZによるとリップル(XRP)の将来価格は以下のように予測しています。

最低価格最高価格
2025年1.06USドル1.53USドル
2030年3.81USドル5.49USドル

CryptoNewsZでは2030年にXRP価格が最高5.49USドル(約823円)になると予想しています。(※1ドル=150円換算)

提携企業が増え続ければ、今後もXRPの価格が上昇し続けるとの見解です。

PricePrediction

仮想通貨のAI価格予測サイトPricePredictionによるとリップル(XRP)の将来価格は以下のように予測しています。

最低価格平均価格最高価格
2025年1.61USドル1.67USドル1.82USドル
2030年10.39USドル10.69USドル12.80USドル
2032年22.02USドル22.80USドル26.40USドル

PricePredictionは2032年にはリップル(XRP)の価格が最高26.4USドル(※約4,000円)に到達すると予測しています。(※1ドル=150円換算)

現在価格(2023年10月)が0.48ドルなので、7年で現在の55倍になるという強気の予想です。

AI予想まとめ:リップルのガチホはいつまでがいい?

AIの予測結果から、筆者の意見としては2030年までリップルをガチホするのがおすすめです。

AIの予測では2030年以降もリップルの価格が上昇し続けますが、どこかのタイミングで利益確定をしなければなりません。

2024年にビットコインの半減期が訪れ、2025年前後に一度バブルが再来すると思われます。

2025年に売却してしまうのは、ガチホとは言えないので、2028年のビットコイン半減期の恩恵を受ける2030年頃に売却するのが適切なタイミングといえるでしょう。

ただし、2025年前後にバブルが訪れた場合は、一部を売却するの有効な手段です。

2025年に元本分程度の金額を利益確定しておけば、2030年に向けて精神的な不安が取り除けます。

【紹介コード付】おすすめの仮想通貨取引所6選

リップル(XRP)を購入できる仮想通貨取引所を6つ厳選しました。

紹介コード(招待コード)を入力して口座開設をすると特典を受け取れる取引所もあるので、まとめて無料の口座開設を済ませておきましょう。

もにゅら

使い勝手の良いコインチェックをメイン口座として利用し、特典の受け取り用にbitFlyerBITPOINTなどで無料の口座開設をしておきましょう。

それぞれの取引所について順番に解説します。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck toppage
(画像引用: コインチェック )

おすすめポイント

  • 国内の暗号資産取引アプリ、ダウンロード数No.1
  • 月1万円から積立投資ができる
  • 500円から仮想通貨が買えるので初心者におすすめ
  • 最短10秒!スマホから簡単に仮想通貨が買える
  • 最短5分!無料ですぐに口座開設できる

コインチェックはテレビCMを積極的に放映するなど、国内では知名度抜群の仮想通貨取引所です。

スマホアプリから簡単に取引ができることから、アプリダウンロード数が国内No.1の実績を誇ります。

スマホで簡単に取引したい投資初心者におすすめです。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

【1,500円分のビットコイン】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー 招待コード 3ステップ

おすすめポイント

  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • セキュリティが安全。業界最長7年以上ハッキング0
  • 1円から仮想通貨が買えるので初心者におすすめ
  • 招待リンクから口座開設で1,500円分のビットコインがもらえる
  • 最短10分!無料ですぐに口座開設できる

bitFlyer(ビットフライヤー)は20銘柄以上を取り扱う国内最大級の仮想通貨取引所です。

セキュリティが強固で、スマホアプリから簡単に取引できることから、初心者にもおすすめします。

当ブログの招待リンクから口座開設し、本人確認まで済ませるとbitFlyerから1,500円分のビットコインがプレゼントされます。

\最短10分!無料で口座開設/

bitFlyerで口座開設する

【1,500円分の仮想通貨】BITPOINT(ビットポイント)

ビットポイント紹介キャンペーン
出典:BITPOINT

ビットポイントの紹介コード

MHEWFPNLYO

BITPOINTでは口座開設キャンペーンを開催しています。

口座開設時に招待コード「MHEWFPNLYO」を入力すると最大1,500円分の日本円または好きな仮想通貨のプレゼントがあります。

ビットポイントで1,500円受け取る条件

条件プレゼント
BITPOINTで口座開設完了500円分の日本円または取扱銘柄
BITPOINTアプリで1回以上売買1,000円分の日本円または取扱銘柄
もにゅら

条件を満たせば全員プレゼントなので、お得ですね!

プレゼントの受け取り期限

紹介された人が口座開設完了になった月の翌々月の月末15:59まで

口座開設後、BITPOINTにログインして、ご紹介プログラムページより受け取り可能です。

\紹介コード「MHEWFPNLYO」/

BITPOINTで口座開設する

【2,000円分のビットコイン】BitTrade

bittrade invitation page

ビットトレードの紹介コード

kN72w

紹介コード「kN72w」を使ってBitTradeで口座開設すると最大2,000円相当のビットコイン(BTC)がプレゼントされます。

ビットトレードの紹介コード
BitTradeの口座開設画面

ビットコインバブルが再来する前に受け取っておくと価値が上がるのでお得です。

価格が安い今のうちに口座開設を済ませておきましょう。

ビットトレードで2,000円受け取る条件

条件プレゼント
BitTradeで口座開設完了1,000円相当のビットコイン
50,000円以上の販売所取引1,000円相当のビットコイン

\紹介コード「kN72w」/

BitTradeで口座開設する

【手数料永久10%OFF】MEXC

MEXC Top page
出典:MEXC

おすすめポイント

  • 招待コード「mexc-1ePMZ」を入力して口座開設で手数料がずっと10%OFF
  • 取り扱い銘柄数が1,600種類以上
  • 手数料が業界最安値
  • 日本語に対応している
  • 新規口座開設キャンペーンが豊富

MEXCの招待コード

mexc-1ePMZ

MEXCはシンガポールを拠点とする海外の仮想通貨取引所です。

取り扱い銘柄数が1600種類以上あるので、国内取引所で取り扱っていない銘柄が手に入ります。

今後、ビットコインやイーサリアムだけでなく本格的に仮想通貨投資に取り組みたい人は口座開設しておきましょう。

日本語に対応しているので抵抗なく始められます。

\招待コード「mexc-1ePMZ」/

MEXCで口座開設する

【先物手数料永久30%OFF】Bitget(ビットゲット)

Bitget top page

おすすめポイント

  • 招待リンクから口座開設で手数料がずっと30%OFF
  • コピートレード(プロトレーダーの取引を自動コピー)ができる
  • プロサッカー選手「リオネル・メッシ」がブランドアンバサダー
  • 日本語に対応している
  • 新規口座開設キャンペーンが豊富

Bitgetの招待コード

sk4y

Bitgetはシンガポールを拠点とする海外の仮想通貨取引所です。

招待リンクから口座開設すると招待コード「sk4y」が自動入力され、先物取引手数料が永久に30%OFFになります。

その他、1000USDT相当の手数料クーポンが配布されたり、他にも定期的に新規ユーザー向けのキャンペーンが開催されたりしています。

Bitgetの最大の特徴はコピートレードの評判が良い点です。

コピートレードとは、プロトレーダーの取引をコピーして取引するサービスのことです。

自分でトレードしなくてもプロと同等の取引ができるので人気を集めています。

\招待コード「sk4y」/

Bitgetで口座開設する

リップル(XRP)の買い方3ステップ

仮想通貨リップル(XRP)は以下の3ステップで購入が可能です。

今回は仮想通貨取引所コインチェックから購入する方法を解説します。

上記3ステップについて順番に解説します。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

コインチェックで口座開設する

まずは、コインチェックにアクセスしましょう。

Coincheck 口座開設

トップページが表示されたら、少し下にスクロールして、新規口座開設(無料)はこちらをクリックします。

その後の流れについては、以下の関連記事で詳しく解説しています。

コインチェックに日本円を入金する

口座開設が完了したら、取引を開始するために日本円を入金する必要があります。

以下の関連記事を参考に入金を完了させましょう。

リップル(XRP)を購入する

入金まで完了したら、仮想通貨XRP(リップル)を購入します。

まずは、コインチェックのスマホアプリにログインしましょう。

coincheck-xrp-buy1

画面下のメニューから①販売所をタップすると取引可能な仮想通貨の一覧が表示されます。

その中から②XRP(リップル)を探してタップします。

coincheck-xrp-buy2

XRPの購入画面が開くので購入をタップします。

coincheck-xrp-buy3

XRPの購入金額を入力します。

コインチェックでは500円から仮想通貨を購入できます。

coincheck-xrp-buy4

確認画面が表示されるので、内容に問題ないか確認の上、購入をタップしましょう。

もにゅら

以上で、XRP(リップル)の購入が完了です。

リップル(XRP)のガチホに関するよくある質問

FAQ man

最後に、仮想通貨リップル(XRP)に関するよくある質問をまとめました。

それぞれの質問について順番に回答します。

リップルを買うのは今からでも遅くないですか?

リップルを買うのは今からでも遅くありません。

今後、リップルは国際送金の手段として実用化されていくことが期待されているため、中長期的な値上がりが期待されています。

AIの予測でもリップルは将来的に価格が上昇し続けることが予想されているので、できるだけ早めに投資しておくのが最善手といえるでしょう。

リップルはコインチェックなどの仮想通貨取引所で購入できます。

リップルの売却時はすべて利確した方がいいですか?

リップルをガチホして多額の含み益が出ていたとしても全額利益確定することはおすすめしません。

売却した後もリップルの価格が長期的に上昇し続ける可能性があるためです。

必要な金額だけ利益確定して、残りはガチホし続けましょう。

利益確定の金額が大きくなると税率も上がってしまうので、税制面でもすべて利確するのはおすすめしません。

リップルの売買で利益が出たら税金はかかりますか?

リップルに限らず、仮想通貨の売買で年間20万円以上の利益が出た場合、税金の対象になります。

会社員であっても確定申告が必要となるので、対処しましょう。

確定申告のやり方は以下の記事でくわしく解説しています。

リップルは将来100万円になりますか?

リップルが数年以内に100万円になる確率は低いでしょう。

しかし、10年、20年といった長期目線であれば、リップルの価格が100万円になる可能性はあります。

AI予測サイトPricePredictionや海外取引所PrimeXBTなどの予想によるとリップルの価格は長期的に右肩上がりで上昇し続けることを示唆しています。

2030年までにリップル価格が100万円になると予測しているサイトはありませんが、長期的に価格が上がる点では一致しているため、100万円に近づく可能性はあるでしょう。

まとめ:リップルは2030年までガチホするのがおすすめ

リップル(XRP)は国際送金に特化した仮想通貨で、世界各国の金融機関と提携を結んでいることから将来性が期待されています。

まとまった利益が欲しければ、2030年までガチホすることを推奨します。

2030年まで待てば、ビットコイン半減期の恩恵を受けられ、SECとの裁判も解決しているでしょう。

税制面においても2030年までに改正されている可能性があるため、税率が低くなってから利確した方がお得です。

リップルは長期的な価格上昇が見込まれているため、今から買っても遅くありません。

仮想通貨取引所でリップル(XRP)を買えます。

初心者にはスマホアプリDL数No.1の仮想通貨取引所コインチェックがおすすめです。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

よく読まれている記事

bitcoin-chart-image 1

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 過去の傾向を分析すると、ビットコインの半減期後、1年以内に仮想通貨バブルが到来しています。 次回の半減期は20 ...

BTC CHART image 2

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 ビットコインは発行上限が2,100万枚であるため希少性が高く、金と似た性質を持つことからデジタルゴールドと呼ば ...

bitcoin and ethereum 3

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 本記事では、ビットコインとイーサリアムの違いや将来性、買い方について解説しています。 仮想通貨に限らず、投資は ...

XRP coin image 4

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 リップル社は現在、米国証券取引委員会(SEC)と裁判中です。 裁判に勝訴すれば、XRPの価格が100万円になる ...

コインチェック 口座開設 5

記事内にプロモーションが含まれています 以上のような悩みを持つ人のために記事をご用意しました。 コインチェックはスマホアプリDL数が※国内No.1の人気仮想通貨取引所です。(※対象:国内の暗号資産アプ ...

-CRYPTO
-