CRYPTO 仮想通貨の種類

仮想通貨ライトコイン(LTC)とは?特徴やbitFlyerでの購入方法を解説

以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。

この記事を読めば、初心者でも仮想通貨ライトコイン(LTC)について理解でき、仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)でライトコインを購入できるようになります。

\ライトコインを購入できる/

bitFlyerで口座開設する

本記事の内容

もにゅら

気になる項目をクリック(タップ)すると一瞬で移動しますよ!

本記事の信頼性

筆者は2018年より暗号資産投資を始め7桁運用bitFlyerコインチェックBybitなど複数の取引所で投資をしてきた経験をもとに執筆しています。

ライトコイン(LTC)は、ビットコインから派生した仮想通貨で、処理速度が速く、決済手段として利用されることを目的に開発されました。

本記事では、ライトコイン(LTC)の特徴から買い方まで画像付きでわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ライトコインを購入するなら国内最大級の仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

\最短10分!無料で口座開設/

bitFlyerで口座開設する

仮想通貨ライトコイン(LTC)とは?

通貨名ライトコイン(Litecoin)
シンボルLTC
ローンチ時期2011年10月
開発者チャーリー・リー氏
価格¥12,972.41
時価総額¥943,126,396,449
時価総額ランキング12位
発行上限8,400万枚
公式サイトhttps://litecoin.org/ja/
購入できる仮想通貨取引所bitFlyerコインチェック
(価格、時価総額は2023年4月14日時点、CoinMarketCap調査)

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨で、決済手段として利用されるために開発されました。

ビットコインよりも処理スピードが速く、手数料が安い点が大きな特徴として挙げられます。

ライトコインは決済手段としてだけでなく、ビットコイン同様、希少性が高いことからデジタルシルバーとも呼ばれ、資産としても人気です。

ライトコインはbitFlyerコインチェックなどの国内取引所で購入できます。

\最短10分!無料で口座開設/

bitFlyerで口座開設する

ライトコイン(LTC)の6つの特徴

ライトコインには以下の6つの特徴があります。

上記6つの特徴について順番に解説します。

ビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨

bitcoin and litecoin

ライトコインは、ビットコインから派生したコインで、ビットコインと同じブロックチェーン技術を使用しています。

ビットコインには処理速度が遅く、手数料が高いという欠点がありますが、ライトコインはこれらの欠点を改善するために開発されました。

元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏が開発した分散型仮想通貨

ライトコインは元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏が代表を務める「ライトコイン財団」という非営利団体によって開発されました。

非営利団体が開発した仮想通貨の中には中央集権的に管理されているコインも多く存在します。
一方で、ライトコインは、マイニングによって安全性が確保された分散型の仮想通貨として知られています。

総発行枚数はビットコインの4倍の約8,400万枚

Litecoin image

ライトコインの総発行枚数はビットコインの4倍の約8,400万枚に設定されています。

発行数量に上限があり、希少性があることから、デジタルゴールドと呼ばれるビットコインに対して、ライトコインはデジタルシルバーと呼ばれています。

これは、デジタルゴールドと呼ばれるビットコインよりも発行上限が多く、仮想通貨としての価値を見てもビットコインとライトコインが本物の「金」と「銀」のような関係性にあるためです。

ライトコインは元々決済手段として開発された仮想通貨ですが、上記理由によりコモディティとして長期保有する人も多数存在します。

約4年に1度の周期で半減期がある

ライトコインは、ビットコインと同様に、約4年に1度半減期が発生します。

半減期とは、マイニング報酬が半減するタイミングのことで、LTCが発行されるペースが減少することを意味します。

この半減期により、LTCの供給量は減少し、需要が増加すれば価格上昇につながる可能性があります。

SegWitを導入し、ビットコインよりも処理スピードが約4倍速い

ライトコインは取引の処理スピードが速くなる「SegWit(セグウィット)」という技術を導入しています。

SegWitの効果により、ビットコインは1ブロックの生成に10分かかるのに対し、ライトコインは2.5分で1ブロック生成できるようになりました。
これはビットコインよりも処理速度が4倍速くなったことを意味します。

決算手段として利用されることを目的としている

payment image

ビットコインは発行上限が2,100万枚と設定されており、希少性が高く、金(ゴールド)の性質に似ていることからデジタルゴールドと呼ばれています。

ビットコインは通貨としての役割よりも金融資産としての役割が強いのが特徴です。
一方で、ライトコインは処理速度が速く、手数料も安いことから決算手段として利用されることを目的としている点がビットコインとの大きな違いです。

ライトコイン(LTC)の価格推移・チャート分析

Litecoin chart all time
(出典:CoinMarketCap)

ライトコイン(LTC)の全期間チャートを見てみると2023年4月14日現在、約13,000円で推移中です。

長期チャートを見てみると2017年4月〜12月と2020年10月〜2021年5月上旬にかけて大きな値上がりをしました。

過去にライトコインが高騰した理由は以下の通りです。

2017年4月〜12月にかけてライトコイン(LTC)の価格が高騰

Litecoin chart2
(出典:CoinMarketCap)

2017年4月〜12月にかけてライトコイン(LTC)の価格は741円から最高39,498円まで高騰しました。

約9ヶ月間で約53倍の上昇です。

価格が高騰した理由は以下の3つが考えられます。

  • SegWitの導入により処理スピードが向上
  • ライトニングネットワークの実装
  • ビットコインバブルに伴う高騰

順に解説します。

①SegWitの導入により処理スピードが向上

ライトコインは2017年5月にSegWitを導入し、これにより処理スピードが大幅に向上しました。

SegWitとは、仮想通貨のトランザクション処理方式の一つであり、Segregated Witness(セグレゲーテッド・ウィットネス)の略称です。

ブロックチェーンに記録される取引データを圧縮することで、ビットコインの約4倍の処理速度になりました。

このことが評価され、ライトコインの価格上昇に繋がっています。

②ライトニングネットワークの実装

2017年9月に、ライトコインはライトニングネットワークの実装を開始しました。

ライトニングネットワークとは、ライトコインのスケーラビリティ(拡張性)を向上させ、高速なトランザクション処理を実現する技術のことです。

この技術の導入により、LTCはより便利で高速な決済手段としての価値が高まり、価格上昇につながったと考えられます。

③ビットコインバブルに伴う高騰

2017年後半からはビットコインバブルが訪れました。

ライトコイン単独でも以前から評価が高まる中、ビットコインの高騰が後押しとなったと考えられます。

ライトコインの価格は2017年4月〜12月までの9ヶ月で約53倍にまで跳ね上がりました。

2020年10月〜2021年5月中旬にかけてライトコイン(LTC)の価格が高騰

Litecoin chart3

2020年11月中旬〜2021年5月中旬にかけてライトコイン(LTC)の価格は4,897円から最高42,147円まで高騰しました。

約6ヶ月間で約8.6倍の上昇です。

価格が高騰した理由は以下の2つが考えられます。

  • PayPalによる仮想通貨決済の導入
  • ビットコイン半減期による価格の高騰

順に解説します。

①PayPalによる仮想通貨決済の導入

PayPal image

2020年10月にアメリカの大手決済サービス会社PayPalが仮想通貨決済の導入を発表しました。

ライトコインを含む複数の仮想通貨がPayPalの決算手段として利用できるようになったため、LTCの価格上昇につながったと考えられます。

②ビットコイン半減期による価格の高騰

2020年10月〜2021年4月にかけて、ビットコインは半減期の影響で価格が高騰していました。

ビットコイン高騰が仮想通貨市場全体を盛り上げ、ライトコインの価格も高騰したと考えられます。

ライトコイン(LTC)の今後の見通しや将来性

ライトコイン(LTC)今後の見通し・将来性については以下の3点がポイントとなります。

上記、3つのポイントについて解説します。

決済手段としての普及

payment image2

ライトコインは元々、決済手段として利用されることを想定した仮想通貨です。

安全性や利便性が向上すれば、日常的にライトコインを利用する機会が増え、決済手段の1つとしてライトコインが定着する可能性があります。

アップグレードによる進化

evolution human

ライトコインは過去にさまざまなアップグレードを行うことで進化を繰り返してきました。

たとえば、SegWit(セグウィット)の導入により、ビットコインよりも高速の処理スピードを実現。

Mimblewimble(ミンブルウィンブル)の導入により、プライバシー性を向上させる計画が進行中といった発展を遂げています。

今後も革新的なアップグレードを繰り返すことで、ライトコインの価値が高まります。

半減期に伴う価格の上昇

ライトコインはビットコインと同様に約4年に1度のペースで半減期が訪れます。

半減期とはマイニングを行うマイナーへの報酬額が半減するイベントのことです。

マイナーは通常マイニング報酬で得た仮想通貨を売却することによって利益を上げています。

しかし、半減期を迎えると報酬が半減してしまうため、余剰資金が減り、マイナーは売却するのを控える傾向にあります。

半減期後、価格が高騰しやすい理由は、マイナーの売り圧が減ることで供給量が減り、需要が一気に増えるためです。
過去の傾向を見ると半減期後は価格が高騰する傾向にあるので注視すべきポイントです。

ライトコイン(LTC)を購入できる国内の仮想通貨取引所

ライトコイン(LTC)を購入するなら以下の国内仮想通貨取引所がおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer top画面
(画像引用: bitFlyer )

おすすめポイント

  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • セキュリティが安全。業界最長7年以上ハッキング0
  • 1円から仮想通貨が買えるので初心者におすすめ
  • 操作が簡単!スマホアプリが使いやすい
  • 最短10分!無料ですぐに口座開設できる

bitFlyer(ビットフライヤー)は20銘柄以上を取り扱う国内最大級の仮想通貨取引所です。

セキュリティが強固で、スマホアプリから簡単に取引できることから、初心者にもおすすめします。

\最短10分!無料で口座開設/

bitFlyerで口座開設する

Coincheck(コインチェック)

Coincheck toppage
(画像引用: コインチェック )

おすすめポイント

  • 国内の暗号資産取引アプリ、ダウンロード数No.1
  • 月1万円から積立投資ができる
  • 500円から仮想通貨が買えるので初心者におすすめ
  • 最短10秒!スマホから簡単に仮想通貨が買える
  • 最短5分!無料ですぐに口座開設できる

コインチェックはテレビCMを積極的に放映するなど、国内では知名度抜群の仮想通貨取引所です。

スマホアプリから簡単に取引ができることから、アプリダウンロード数が国内No.1の実績を誇ります。

\最短5分!無料で口座開設/

Coincheckで口座開設する

ライトコイン(LTC)の買い方3ステップ

仮想通貨ライトコイン(LTC)は以下の3ステップで購入が可能です。

今回は国内最大級の仮想通貨取引所bitFlyerから購入する方法を例に解説します。

上記3ステップについて順番に解説します。

\最短10分!無料で口座開設/

bitFlyerで口座開設する

bitFlyerで口座開設する

まずは、bitFlyer公式HPにアクセスしましょう。

bitFlyerのトップページ

メールアドレスを入力して登録をクリック。または、新規登録からメールアドレスを登録します。

もにゅら

どちらを選択しても、手順は同じです。

メールアドレス登録後の流れについては、以下の関連記事で、わかりやすく解説しています。

bitFlyerに日本円を入金する

bitFlyerで仮想通貨を購入するには、日本円を入金する必要があります。

以下の関連記事を参考に入金を完了させましょう。

ライトコイン(LTC)を購入する

日本円の入金まで完了したら、実際にライトコイン(LTC)を購入しましょう。

今回はbitFlyerのスマホアプリから購入する方法を解説します。

まずは、bitFlyerのスマホアプリを立ち上げてログインします。

XLM買い方1

トップ画面を開くと販売所一覧が表示されるので下にスワイプしてライトコイン(LTC)を探します。

LTC買い方1

ライトコインが見つかったらタップします。

LTC買い方2

ライトコインの購入画面が開くので買うをタップします。

LTC買い方3

購入金額を入力して、買い注文に進むをタップします。

LTC買い方4

購入金額を確認し、問題なければ買い注文を確定するをタップします。

以上で、ライトコインの購入が完了です。

ライトコイン(LTC)に関するよくある質問

最後に、ライトコインに関するよくある質問をまとめました。

ライトコインの半減期はいつ?

ライトコインの次回の半減期は2023年8月に訪れると予想されています。

過去の傾向を見ると半減期後は、価格が上昇し始める傾向があります。

半減期を迎える前のタイミングが買い時としておすすめです。

ライトコインの最高値はいくら?

ライトコインの過去最高値は約410ドル(約43,000円)で2017年12月に記録しました。

現在は、13,000円にまで下落していますが、過去の傾向を見ると半減期のタイミングで高騰と暴落を繰り返しつつも長期的には右肩上がりで価格が上がり続けています。

ライトコインの価格はいくらまで上がる?

海外の価格予想サイト「PricePrediction」によると2030年のライトコイン(LTC)の平均価格は1,745.08USドルになると予想しています。

2023年4月時点のレート(1ドル=131.67円)で計算すると日本円で約23万円になります。

2023年4月14日時点のLTC価格は約1.3万円なので現在よりも18倍近く上昇する計算です。

ただし、あくまで現時点の予想価格なので、今後の動向次第では変わる可能性があります。

LTC将来価格予測
(出典:PricePrediction)

ライトコインはどこの仮想通貨取引所で購入できる?

ライトコインはbitFlyerコインチェックなど、多くの仮想通貨取引所で取り扱っています。

どこの取引所で買えばいいか、わからない

悩んでいる人

そんな人は、国内大手でセキュリティ体制も万全なbitFlyerでライトコインを購入しましょう。

まとめ

ライトコインはビットコインから派生した仮想通貨で別名デジタルシルバーと呼ばれています。

発行上限が8,400万枚に制限されていることから希少性が高く、銀のような資産価値を持つことが期待されている仮想通貨です。

また、ライトコインは処理スピードが速いことから決算手段としての実用化も進んでいます。

ライトコイン(LTC)はbitFlyerなどの国内の暗号資産(仮想通貨)取引所で購入できます。

\最短10分!無料で口座開設/

bitFlyerで口座開設する

よく読まれている記事

bitcoin-chart-image 1

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 過去の傾向を分析すると、ビットコインの半減期後、1年以内に仮想通貨バブルが到来しています。 次回の半減期は20 ...

BTC CHART image 2

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 ビットコインは発行上限が2,100万枚であるため希少性が高く、金と似た性質を持つことからデジタルゴールドと呼ば ...

bitcoin and ethereum 3

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 本記事では、ビットコインとイーサリアムの違いや将来性、買い方について解説しています。 仮想通貨に限らず、投資は ...

XRP coin image 4

本サイトにはプロモーションが含まれます 以上のような悩みを解決する記事をご用意しました。 リップル社は現在、米国証券取引委員会(SEC)と裁判中です。 裁判に勝訴すれば、XRPの価格が100万円になる ...

コインチェック 口座開設 5

記事内にプロモーションが含まれています 以上のような悩みを持つ人のために記事をご用意しました。 コインチェックはスマホアプリDL数が※国内No.1の人気仮想通貨取引所です。(※対象:国内の暗号資産アプ ...

-CRYPTO, 仮想通貨の種類
-,